疲れ目、肩こりをどうにかしたい!

肩こりや目の疲れがここ最近多いかなと思います。美容室とかで肩をもんでもらうと『凄く肩が凝っていますね〜』とかいつも言われてしまいます。

 

それが原因かと思いますが、偏頭痛もよくあります。やっぱりここ最近はスマホやパソコンのモニターを見たりして目をよく使っていることが多いかなと思います。

 

でも現代社会においてはスマホやパソコンなどのモバイル商品には大変お世話になっているのでそればかりを原因とは言えないと考えています。

 

まず1つは身体の凝りを解すためストレッチや柔軟体操を必ず行うことです。身体がもともと固いのですが、少しでも身体を解きほぐすことによって身体への負荷を肩や首などの一部分に集中させないように身体の緊張を緩和させることができるように思います。

 

もう1つは目の疲れを癒すため出来るだけ遠くの景色を眺めることです。近くの細かい文字ばかり眺めてばかりではやはり身体が萎縮してしまうかなと思います。遠くの景色を眺めて身体と心をリラックスさせることが重要なポイントだと思います。

 

病気にかかりすぎな人も!

 

病気にたくさんかかりすぎていること。今わかっている病気だけで、線維筋痛症、強直性脊椎関節炎、統合失調症、解離性障害、摂食障害、PMS、不眠症などがあります。

 

線維筋痛症、強直性脊椎関節炎は、難病ですが、国で難病指定されておらず、十分な治療も受けられないうえに、治療費がかさばって、お金が払えなくて病院に行けないくらいです。薬も1か月分で5000円近くかかるため、痛み止めの薬を買うことですら非常に困難です。

 

この悩みを解決する方法はほぼないと断言していいのですが、病気になってしまった理由として、大きなストレスがあるということなのですが、特に家族関係に苦しんでいます。

 

家庭環境に何か問題があったわけではないのですが、なぜか家族が全く受け付けられないため、できるだけ家族と関わらないようにしています。

 

実家帰省も1年に1回するかしないかという程度で、年末年始も会わないでおこうと思っています。出来るだけ距離を持つことが大事だと思っています。

認知症末期の症状とは?予防のために…

高齢者 イラスト

高齢化社会が進むにつれて、認知症になっている人も増えてきています。2010年の時点で、認知症になっている人は226万人以上います。そして、2035年には、この認知症患者が337万人程度になるという予想もあります。認知症というのは、ストレスや生活習慣の乱れなどが原因になってしまうということが多いです。

 

この認知症の症状については、よくメディアでも紹介をされているのですが、末期症状になるとどのような状態になってしまうというのはあまり紹介されていないように思えます。また、最近テレビでも取り上げられる認知症対策のサプリはココナッツオイルやプラズマローゲンになります。

 

ここでは、その認知症の末期症状としてどのような症状があるのかについてお話をしたいと思います。

 

  • ・歩行をすることが難しくなる
  • ・免疫力が低下をしてしまい病気になりやすくなる
  • ・理解できないようなことを大声でいう
  • ・自分で食事や排せつ、お風呂に入る、服を着たり脱いだりするということができなくなる
  • ・家族や子供の顔が分からなくなる
  • ・寝たままの状態になる

 

意味が分からないことを大声で叫ぶという症状に関しては、抗けいれん剤などのような薬剤を服用させることで、ある程度は改善させることはできます。ただ、他の認知症の症状が進行になってしまったり、眠気が強くなっていくといった副作用もあります。

 

これまではとても健康体だったのに、認知症の末期になってから、ほとんど動かなくなったという体験談もあるのですが、これは免疫力が低下をして体が弱り、病気になりやすくなっていることが原因となっています。

 

末期症状が現れるようになってから、寝たきりになって、そのまま亡くなってしまうという人も多いのですが、これは認知症が直接的に関係をしているのではなく、上記のように免疫力が下がって、病気になってしまったことが原因となっていることが多いのです。

プロポリスは今後医療にも利用されそうな有効成分

以前からアメリカでは代替医療が注目されていたのですが、日本では最近になるまで、医療関係者も政府も代替医療を軽視していました。アメリカで行われてきた栄養補助食品や代替医療のことを、どちらかというと無視しているケースがほとんどでした。

 

ですが、これから将来的に日本では高齢化社会が深刻化して、医療費が多くなっていくことは目に見えています。そのため、少しでも国が抱える医療費を軽減させるために、2000年代になって、日本でも代替医療が注目されるようになっていったのです。

 

アメリカの場合は、1980年代後半には代替医療の制度が整備されていました。そのアメリカが、健康食品の規制緩和をしたことによって、日本側も仕方なく健康食品と代替医療の見直しをするようになったのが発端でした。

 

消費者側としては、これから先、どれくらいプロポリスが知られていくのが気になるところです。日本では、1998年に栄養補助食品という名前で分類されるようになりました。これに伴い、「いわゆる健康補助食品の取り扱いに関する検討会」という組織が厚生労働省生活衛生局長によって設立されました。

 

そして、中間報告が2000年に公開され、色々な人から意見を聞くことを目的にして公募が実施され、2000年3月27日に最終報告書が作成されました検討会では、栄養補助食品の安全性やどのような目的で使用するのかなどが話し合われました。

 

そして、検討会から提出された報告書を見ながら、厚生労働省が、代替医療の制度をどのようにするか検討をしていきました。どのようにして、成分を表記させたり、基準を設けるか、どのようにして消費者側に助言をしていくのかなどを検討していったのです。

 

このようにして、安全性を確保していったのです。ですから、プロポリスなどのような健康補助食品を口にしている人としても、安全性と安心が増しますよね。今後も国が主導で、メーカーの指導をしてさらに品質の高い商品を販売してほしいものです。参考:プロポリスサプリ

 

そうすれば、これまでアメリカに後れを取っていた分を取り戻すこともできるようになるのではないでしょうか?また、アメリカの場合は、栄養補助食品の研究に対して国家予算が設けられているのですが、日本でも国家予算を組むようにすれば、さらに品質の高い健康食品が開発されるのではないかと思います。

 

そして、プロポリスなどの健康食品などの薬効に対して、もっと説明をしたりする制度を設けるようにすれば、代替医療として取り入れる人も増えてくるのではないかと思います。このようにすることで、初めて国としても医療費を削減することが出来たり、国民たちの意識も変わってくるのではないでしょうか?

更新情報・お知らせ

(2015/07/23)
アトピーの合併症を更新しました
(2015/07/23)
肌の若々しさをキープするにはを更新しました
(2015/07/23)
肌の潤いとターンオーバーの関係を更新しました
(2015/07/23)
空腹を回避する方法を更新しました
(2015/05/19)
低脂質症に悩む私…を更新しました